むずむず脚症候群覚書


むずむず脚症候群、かっこよ く言うと、レストレスレッグス症候群

略すとRLS。₍日本におけ る患者数は、推定200万人以上₎

早い話、脚の不快感のせいで寝れなくなる慢性的な病気である。

主に、就寝時に発症し、年齢とともに徐々に症状が悪化する傾向がある。

不快感といってもむずむず脚症候群の 発病レベルで違いがあり、

初期の頃は就寝時、脚に虫がはっているような感覚から、脚を動かしたい衝動に駆られる程度だが、

酷くなると、脚からゾワゾワっと身震いする程になり、浅い眠りの時など目が覚めてしまう。

その為、寝不足になり社会生活や日常生活に支障を来たすようにな り、

なかなか寝つけず、不快感を落ち着かせるために眠い中、部屋を歩き回るしかないことに。

最悪うつ病、自殺にもつながる実は怖い病気だ。

むずむず脚症候群は、今に始 まった現代病ではなく、

記録では、17世紀ごろのヨーロッパでむずむず脚症候群に 相当する病気の報告がある。

日本では世界で最初に睡眠学会が創設されたにもかかわらず認知度が非常に低く、

知人、上司、同僚、親、親戚、医者に至るまで、実際の患者の辛さを分かってもらうことはなかなかできない。

ちなみに「オレRLSでさ〜」と 言っても誰にも通じず、

「オレむずむず脚症候群でさ〜」と 言ったら半笑いで「なにそれw」と 言われる。

れっきとした病気にも関わらず、遅刻や欠席、居眠りの言い訳には通用しない。

症状を放置したままでは、一般的な社会生活をおくるのが段々と厳しくなる。

むずむず脚症候群は慢性疾患 で現在の医療では完治できない。

む ずむず脚症候群の患者は、日本では人口の約2〜5%、 ₍120〜50人に1人の割合₎で存在すると推定されている。

女性は男性より1.5倍ほど多い傾向がある。

発症年齢は、平均年齢20.9歳と49.2歳と2つの大きなピークがある。




むずむず脚症候群の薬覚書


インターネットのない時代、何の情報もなかったら、大抵の人は、皮膚科や整形外科に行くのではないでしょうか。

皮膚科に言っても塗り薬の処方、整形外科に行ってもレントゲンを撮って湿布の処方など、

まったく意味のない時間とお金を捨てることになるでしょう。

今の時代ネットで検索すれば、むずむず脚症候群は、 脳神経外科へGOと分 かるのだが、

果たして近所の神経外科の先生がむずむず脚症候群の 詳しい知識がある どうかは微妙なレベルです。

以前、どこかの製薬会社が、全国の医師280人を対象に行った調査では、

むずむず脚症候群を知って いる」と答えた医師の割合は、

神経内科で86%、精神科で64%、内科は35%、皮膚科は25%、整形外科は22%

はっきり言って、むずむず脚症候群と いう病気を知っているだけなら私 でも知っている。

実際に私は、2つの脳神経外科に通ったが、はっきり言ってネットで調べ尽くした私の方が医者より

むずむず脚症候群の症状、原 因、薬について詳しかった。

このむずむず脚症候群に関し ては、薬の処方以外で医者に期待しないほ うがいいでしょう。

いきなりビ・シフロールを処 方する医者もどうかと思う。

私が医者なら、2番目にむずむず脚症候群の 保険適用された、レグナイ トから処方します。

また、日中にも症状がある場合、ニュープロ パッチを 処方するでしょう。

***********************************************************************************************

●薬をゲット するまでの流れ(最速版)
我慢しないで薬に頼りましょう!

@なるべく近所の神経内科や、睡眠専門医ならなお良しをインターネット検 索。
(大体毎月処方箋を書いてもらうために通院することになるので近いほうが良い)

A受付ではっきりと「むずむず脚症候群の症状で夜なかなか寝付けない」と言い切る。
受付の女性に「は?」みたいな顔をされても「むずむず脚 症の症状だ」と言い切る。
※ここでむずむず脚症候群チェックシートなど書く場合あり

B先生にも「むずむず脚症候群の症状で夜なかなか寝付けない」と言い切る。
通常ならむずむず脚症候群チェックシートなどから診断されます。
そのチェックシートでしか診断のしようがないからです。
レントゲン、MRI、CT、脳波検査では、むずむず脚症候群だと判断できません。
検査するだけ無駄であり、医者の儲けになるだけです。
本当にむずむず脚症なら正直にチェックシートに答えるだけでむずむず脚症と診断されるでしょう。

Cビ・ シフロール or レグナイ ト or ニュープロ パッチ  のどれかが先生の判断で処方されればクリアです。
血液検査の結果、鉄剤も一緒に処方される場合もあります。
湿布、塗り薬を処方された場合は、その処方箋を破り捨てて他の病院を探しましょう。

※もし、むずむず脚症の症状が収まらない場合は、薬をチェンジし てもらうか、薬を増量してもらいましょう。

※3種類全ての薬が全く効かない場合は、むずむず脚症ではない可能が大ですので、
 神経障害性疼痛など疑って先生とよく相談しましょう。



むずむず脚症候群チェックシート(例)

Q1 脚に不快な感覚があり脚を動かしたくなる
Q2 その不快な感覚は、就寝時やじっとしている時にあらわれる。
Q3 その不快な感覚は、歩いあり脚を動かしたりすることで軽減する。
Q4 その不快な感覚は、日中よりも夕方から夜にかけてあらわれる。

大体、上記のようなむずむず脚症について、あたりまえのことしか書いてあり ません。

<原因へ続く>